更新日:


車ローン審査、通らなかった解決策を考えよう


念願のマイカー購入がほぼほぼ決まりかけたのに、最後の最後に自動車ローンの審査が通らなかった…。という話しは、残念ながら少なくありません!!自動車ローン審査で落とされる理由、考えたことありますか?!ローン会社によって審査基準はさまざまですが、以前に自己破産があった場合は、ほぼ間違いなくローン審査は通らないといわれています。破産決定から5〜10年ほどで情報機関の登録が消去されるので、それを待ってからローンを組むことになりますね。

返済を何度も滞納していたり、催促状を無視し返済を放置している場合も審査通過は難しいですね。過去にトラブルが無かったとしても、借り入れ金額が多額のケースや、他に借り入れがある場合も審査が通りにくいことがあります。年間の自動車ローンの借り入れ額はマックス40%といわれており、一般的な審査基準では、借り入れ総額が年収の50%以内とされています。

自動車販売店に行く前に、まずは事前に自動車ローンの下調べを。車のローン審査に通るための対策や、通るための秘訣など、こちらのサイトには自動車購入で知りたい情報がたくさん載っています。一度ローン審査に落ちると、その情報は少なくとも半年間は情報機関に残るといわれています。この間、他のローン会社に申し込みを繰り返せば、さらに信頼度は落ちるばかりです。審査が通らなかったといって落胆している方も解決策を一緒に考えてみましょう。頼もしいサイトです。



大手銀行の完全子会社のキャッシングはやはり安心!


さまざな理由で、お金を借りたいという瞬間があるでしょう。そんな時に、キャッシングを使うという人が少なくありません。キャッシングを利用したい時は、プロミスやノーローンなどの大手銀行の完全子会社であるところから融資を受けるとよいでしょう。万が一の時でも大手傘下ですので信頼できます。またパートや外国籍の場合でも、安心して融資を受けられるからです。

最近は、パートという雇用形態の人は少なくありません。実際に今後も非正規社員やパート社員の割合は、増えてきているのです。そのような人でも、安定した収入が継続的にあると認められれば融資を受けられます。

また外国籍の人の場合はどうでしょう。審査の際に、通常の申請書類に加えて外国人登録証明書を用意すれば、融資が受けられることが多いです。やはりプロミス(Promise)やノーローンのように、大手銀行の完全子会社の会社のほうが、安心して借りられる可能性が高まるでしょう。ぜひ業者選びのときは参考にしてください。



消費者金融でお金を借りましょう


浪費や想定外の出費が続いた場合に関しては、資金不足に陥る可能性が高いので注意をする必要があります。資金に困った場合においては、消費者金融で金銭を借りるのが一般的です。消費者金融であれば、審査時間が短い事に定評があるので、急いで資金を調達したい場合においてはオススメとなっています。また、接客サービスが徹底されており、初めてキャッシングをする方でも安心する事が可能です。

理想的な融資条件で貸し付けをしてくれる消費者金融を発見した場合には、申し込みをします。審査に合格をするとキャッシュカードが支給されるので、これを使用して金銭をATMから借りる事になります。借りれる金額に関しては、利用限度額が設けられており、その範囲内であれば繰り返し何度でもお金を借りる事ができます。利用限度額については、利用実績や年収などの様々な要素によって算出されています。

利用実績が優秀だと認められれば限度額が引き上げられる仕組みです。お金を借りたのであれば、期日までに利息も含めて完済する義務が生じます。返済期間は長めに設けられているので、無理なく完済できます。借り過ぎに注意をすれば、返済の際に困る事がなくなり充実した日々を送れます。



アルバイトやパートでもお金借りることが出来る


昔だとパートやアルバイトは消費者金融でお金借りることは結構ハードルが高く、審査が通らないことは多々有りました。ですが現在はアルバイトでもパートでもわりと安定した収入がある人は貸金業者からお金借りることが出来るようになりました。もちろん銀行などの低金利ローンの審査は通りにくいですが、消費者金融大手が運営しているローン会社だと安心と借りやすさが有るので初めて借りる人にはお薦めです。

特にこれらの金融会社で、サイトのホームページにアルバイトやパートでもお金を借りることが可能と書かれている会社は、審査を受けてみると案外すんなり通ると思います。逆に何も書かれていない会社は審査基準が厳しいことが分かります。また大手の金融会社でも金利や借りられる額でも違いが有りますが、特に重要なのはサービスの違いなんです。

例えば初めての人なら30日間無利息というサービスを行なっている金融会社が有れば、申込時に電話連絡と郵便物を送るといったことが無く連絡はすべてパソコンのメールから、というインターネットで全て完結というサービスをしている金融会社もあります。これらのように非正規社員でも審査に通りやすいサービスをしている金融会社も有るので自分で探して比べてみるのも手だと思いますよ。